【マギアレコード】キャラの「苗字みたいな名前の”逆転現象”」の謎

「魔法少女まどか☆マギカ」でも話題になった苗字みたいな名前の逆転現象

マギアレコードの外伝キャラ「環いろは」「七海やちよ」「由比鶴乃」「二葉さな」も、しっかりと受け継いでいますね。
マギアレコード公式で発表されているキャラの逆転現象はこちら
環いろは (いろは たまき)」
鹿目まどか(まどか かなめ)」
七海やちよ(やちよ ななみ)」
由比鶴乃(つるの ゆい)」
二葉さな(さな ふたば)」
暁美ほむら(ほむら あけみ)」
違和感が全くありませんね。逆にしっくりくるのは気のせいでしょうか!?
苗字みたいな名前には理由はないと言われていますが、とてもそうは思えないですね。
“現実の世界”を反転した”鏡の世界”だから逆転しているのではないかと思います。

「鹿目まどか」の家庭も逆転現象

また、逆転現象で言えば「鹿目まどか」の家庭が逆転しています。父親が主夫として家事をやり、母親が働きに出ています。
現代社会では、男性が基本的には働きに出ていますので、これも”鏡の世界”を連想させますね。

「鹿目まどか」の歯磨きシーン

「魔法少女まどか☆マギカ」で「鹿目まどか」の歯磨きシーンは常に鏡の前で自身を映し出しているシーンがあります。
これも”現実の世界”を反転した”鏡の世界”連想させるシーンに見えますね。

マギアレコードでも”鏡の世界”を継承

マギアレコードも鏡というワードが公式で出ています。他のプレイヤーと鏡の魔女の空間で対戦する「ミラーズ」!
マギアレコードも”鏡の世界”を継承しているようですね。
「ミラーズ」の舞台〈鏡の魔女〉

鏡の魔女 その性質は『隠遁』
その性質ゆえ、結界は幾重にも重なる階層から成る。
ひっそりと隠れていたいだけの臆病な魔女であるため、
人や魔法少女の殺害によって魔力を集めるようなことはせず、
結界内に入ってきた魔法少女たちの魔力を僅かに吸収することで、
自分の身を守る層を形成してゆく。
侵入者が増えれば増えるほど、結界の構造もまた、複雑に発展してゆく。

皆の反応は

今のまどマギは円環がメインだけど放送当時は主人公たちの名前が苗字名前どっちもいけそうだったり父母の役割、鏡の要素と「反転」が主軸の世界だって考察が懐かしい、もう2年も前ですね
まどマギの子は苗字も名前っぽいみたいな感じで。
かなめ、あけみ、みき、ともえ、さくら
マギレコのキャラもちゃんと苗字と名前どっちがどっちか分からん名前してるのね
苗字も下の名前っぽいってヤツ、マギレコでも地味に継承してるのね

コメント

  1. 名無しの魔法少女 2017/09/05(火) 15:56:44 返信

    名字みたいな名前かな

    個人的には名前みたいな名字って印象。

トップへ戻る